任意売却の窓口について

任意売却専門として弊社が在る理由

私どもが「任意売却の窓口」を開設し、不動産任意売却を専門としているのには理由があります。

弁護士事務所・司法書士事務所・不動産会社すべてに籍を置いたことのある私にとって「借金の問題」に関するご相談は常に身近なものでした。

これまで携わったてきた借入金の問題や不動産の任意売却、破産、個人再生などを合わせると約780件程に登り、挙げればきりのないほど、その中には人生の苦しみや後悔が溢れていました。

任意売却専門業であればあり得なかった、悲しい事例

ある相談者の方は、住宅ローンを支払えなくなり、ある不動産会社に依頼をして、オーバーローンになっている自宅を売却することになりました。

首尾よく買主が見つかり、売買契約を済ませて一安心したのも束の間、抵当権の抹消の為に、現金700万円を調達するように不動産会社から求められたのです。

その不動産会社は抵当権者である銀行に事前の相談なく売却をすすめていたため、銀行は住宅ローンを完済できない場合には抵当権抹消に応じないと原則どおりの対応をとりました。

その結果、不動産売却価格と住宅ローン残債の差額である700万を売主自身が用意する必要が生じたのです。

その方にとっては寝耳に水の事態にすっかりパニックになってしまい、ご両親のご自宅などを担保に何とかお金をかき集めて対応したそうです。

私に相談があったのはすべてが終わった後でした。

あのときどうすれば良かったのか、その答えを求めてのご相談です。

 

このお話を伺い、何ともやりきれない気持ちになりました。

きちんと手順を踏んで案件を処理すれば、700万円は背負わなくても良かった借金のはずです。

不動産を売って終わりという身勝手な事案の処理にも憤りを覚えると同時に、住宅ローンに苦しむ方のために任意売却という方法と、その正しい知識の普及の必要性を痛感したのです。

しかし、ただの不動産会社が、きちんと最後まで依頼者に伴走することはとても困難です。

任意売却は不動産を売却した後の債務をどのように整理するのか?という法律の問題が生じるからです。

ある意味、売って終わりという会社をただ責めるのは酷なのかも知れません。

そこで、弁護士・司法書士といった法律の専門家をパートナーとしてお迎えして任意売却を専門に行う不動産会社を設立するに至りました

任意売却専門として業務を行う限り、常に知識をアップデートし、依頼者の最善は何かをともに悩み解決を目指していくのは当然のことです。

任意売却は不動産を売却して終わりではありません。そこからが新しい人生の始まりなのです

先の見えない不安を解決すること。

依頼者の方の再スタートのためにベストを尽くすこと。

それが私たち任意売却の窓口の役目です。

 

運営会社情報

会社名:有限会社オークコーポレーション

所在地:大阪府大阪市北区梅田2−2−2ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階

電話番号:06-6133-4298

FAX番号:06-6133-4298

E-mail:info@ninbai-mado.com(お問い合せの際は、お問い合せページからお願いいたします。)

アクセス:地下鉄四つ橋線西梅田駅 4B出口直結、JR大阪駅 桜橋出口より徒歩3分

代表者名:木村純一(きむらじゅんいち)

所属団体:公益社団法人 全日本不動産協会
公益社団法人 不動産保証協会
公益社団法人 西日本不動産流通機構

免許番号:大阪府知事(1)第59941号

事業内容:任意売却サービス
不動産売買、売買仲介、賃貸仲介、賃貸管理
その他不動産関連業務

事務所案内:JR「大阪」駅から歩いて、わずか3分。ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階にあります。

 

お問い合わせはこちら

任意売却の窓口 お問い合わせ

お電話のお問い合わせはこのボタンをタップ