相談事例

離婚に伴う任意売却のご相談|任意売却の窓口 福岡無料相談室

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s

離婚に伴って不動産を売却したいけれども、ローンが残っていて売却できないという方からの任意売却のご相談もよくあります。

離婚に伴う任意売却の場合は、財産分与など、住宅のに似売却以外にも様々な法的手続きも必要となることから、任意売却の窓口では、相談者の方それぞれに最適な方法を検討するため、弁護士や司法書士、税理士、公認会計士など各専門家と提携して債務の処理方法をご提案しています。詳しいパートナーさんのご紹介は「 任意売却の窓口 パートナー弁護士」のページにてご紹介しておりますので、そちらをご参照ください。

債務の問題や離婚などのご家族やご家庭の問題を第三者に相談することは大変に勇気がいることですので、ちゃんとプライバシーは守られるのかとても心配になるのも無理はありません。

任意売却の窓口では、ご相談内容について当然のことですが秘密の厳守をお約束しています(「 秘密厳守」に関してはこちら)。宅地建物取引業法により、厳しい守秘義務を課されているだけではなく、任意売却という人に知られたくない部分を専門的に取り扱っているという自覚のもと、決して秘密を洩らさないように細心の注意を払いながら、日々業務に取り組んでいます。

任意売却に関する相談内容や任意売却しようと決心した理由や事情、またはご自宅の任意売却そのものを誰に知られたくないというご希望はとても自然なことです。

任意売却の窓口からご紹介する弁護士や司法書士の先生方もそれぞれ弁護士法や司法書士法などで厳しく守秘義務を課されている専門職です。

ご相談の内容が外に漏れることはありませんので、ご安心して下記よりご相談ください。

離婚と住宅ローン

多重債務の方から任意売却のご相談|任意売却の窓口 福岡無料相談室

 

多重債務の方から任意売却のご相談

任意売却の窓口では、さまざまな任意売却に関するご相談をお受けしています。

今回は住宅ローンの他にも自動車のローン、複数の消費者金融からの借り入れがあり、毎月の返済に追われている状態の方からのご相談でした。

こういった状況に陥ってしまうきっかけは、特別なことではなく、実は誰にでも起こりうることがきっかけとなっているというのが大半です。

最近多いのが、この不況の最中、お給料が減額になってしまったという、ご自身の責任の範囲を超えるケースです。

住宅ローンを契約されていた時にはしっかりとした資金計画を立てていたにもかかわらず、会社の都合などでお給料が減ってしまい、その結果、収入を支出が上回る状態が生じてしまうわけです。

こういった状況を打開しようと、消費者金融や銀行のカードローン、フリーローンなどから借り入れを起こし、返済のための借り入れを繰り返していくうちに利息や新たな借り入れで、雪だるま式に大きくなっていくというのがほとんどのようです。

債権者から「法的手続きをとります」と手紙が来て、不安になり「これからどうなってしまうんですか?」「これからどうすれば良いのか分からない」「どこに相談すれば良いか分からなかった」といったお声を頻繁にいただきます。

ほとんどのご相談では住宅ローンの残債が一番大きく、これさえ任意売却で適切に処理すれば、充分生活を立て直せる場合が多いというのも特徴です。

住宅ローン以外の債務が大きい場合でも、個人再生など無理のない方法で住宅ローン以外の債務も圧縮することが出来ます。

任意売却の窓口では無料で法律専門家をご紹介しています。

安心してご相談ください。

任意売却以外の解決法はある?住宅ローンが払えないときの対処法とは