任意売却と住宅ローンの残債について

任意売却と住宅ローンの残債

 

任意売却と残債 3つのパターン

任意売却後の住宅ローン残債をどうするのかという問題は、任意売却を行う上では決して避けて通れない問題です。

残債をどのように処理するのか見通しを立てないで任意売却を行っては、新しい生活をお客さまが安心してスタートすることは出来ません。

任意売却と残債の関係は大きく3に分けられます。

  1. 任意売却により住宅ローンや他の残債を全て返済できる全額完済型。
  2. 任意売却により住宅ローン残債は完済できたが、他の債務が残ってしまうケース。
  3. 任意売却により残債の額が減ったものの、住宅ローンを含む全て債務に残債が残ってしまう残債減額型。

任意売却により住宅ローンを含む全ての残債を返済できた場合には、今後の生活で残債の返済をする必要は一切なく、新しい生活を安心して始めていただけるはずです。

しかし、残念ながら、オーバーローンになっている物件が多く、すべての残債を完済できる例は少ないのが現実です、適切な任意売却プランと残債の返済に関わる債権者との話し合いを綿密に行ない、少しでも負担の少ない新生活をスタートしていただきたいと思います。

任意売却後、住宅ローン以外に残る残債とは

次は、任意売却により住宅ローン残債のみ完済できたものの他の債務で残債がある場合です。

この場合には、住宅ローン以外の債務については残債の処理が必要となってきます。

住宅ローンの支払をしなくても良くなっていますので、支払はおそらくかなり楽になっていると思われます。

それでも残債の支払が難しい場合には、弁護士や司法書士による任意整理がお勧めとなってきます。

任意整理は法律専門職が消費者金融やクレジット会社と個別に交渉することによって、毎月の支払額を低くしたり遅延損害金をカットしてもらったりする手続きのことで、専門家があなたの代わりに交渉しますから、ご自分で交渉や手続きをする必要はありません。毎月の支払額が無理のない範囲に調整することが可能となってきます。

最後にもっとも問題となるのは、任意売却後に住宅ローンにも他の債務にも残債がある場合です。

住宅ローン以外の残債については、既に説明したとおりですので、住宅ローンの残債に絞って、ここではご説明させて頂きます。

住宅ローンの残債も当然返済をする必要がありますが、任意売却前の月々返済額通りに残債を支払う必要はなくなってきます

実は、住宅ローン残債の支払は、支払えるだけの額で良いのです。

任意売却を行ったということは、すでに住宅ローンの支払いが出来ない状況になるということに他なりません。

そのため、住宅ローン債権者である銀行や保証会社はそのことを充分に理解していますから、一般的な任意売却後の残債支払は月額5000円~10000円程度になるケースが多いようです。

住宅ローン残債の交渉も、もちろん任意売却の窓口でお取扱いが可能ですので、下記よりお問い合わせください。
 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

任意売却の窓口

お問い合わせはこちら

任意売却の窓口 お問い合わせ

任意売却の窓口 お問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこのボタンをタップ

SNSでシェア・ご購読できます。