親子間売買による任意不動産売却のケース

任意不動産売却

一番抵当権者 A銀行   債権額1600万円

二番抵当権者 B保証会社 債権額400万円

福岡市近郊の戸建住宅の任意売却ケースです。

購入時はバブル期でしたので、現在は大幅に不動産価格が落ち込み、オーバーローン状態となってしまわれていました。

依頼者様のご希望は、現状のままご自宅に住み続けることでした。

そこで、成人したお子様がいらっしゃいましたので、親子間で不動産を売買を行なっていただき、ご依頼者様には自宅に住み続けるという解決案ご提案しました。

お子様も快く親子間売買にご協力いただけましたので、金融機関と不動産任意売却の売り出し価格と抵当権抹消の為の解除料のご相談に入りました。

不動産の販売価格は、物件所在地の不動産売却価格が大幅に値下がりしていたこと、住宅が木造建物の法定耐用年数を既に過ぎていることを加味してA銀行、B保証の承諾のもと500万円となりました。

既に買主がお子様に決まっていますので、販売活動を行うことなく次は、お子様が住宅購入するのための融資先を探すことになります。

親子間売買にご理解を頂ける銀行からお子様に融資をしていただけることになりましたので、無事に親子間での任意不動産売却が成功しました。

住宅ローンは無理のない額で月々の返済を行うことで金融機関と合意できましたので、今もご依頼者様はご自宅で今まで通りに住んでいらっしゃいます。

今後も、様々な角度から任意不動産売却の事例をご紹介させていただきたいと思います。

また、事例の掲載に関しては個人が特定されないように一部具体性に欠ける場合がございますが、守秘義務並びに任意不動産売却をご希望されたご依頼者様のプライバーシー保護のためとご理解頂けたらと思います。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

任意売却の窓口

あなたにとって一番良い方法を知りたい方は下記よりご相談下さい

任意売却の窓口 お問い合わせ

任意売却の窓口 お問い合わせはこちら

お電話のお問い合わせはこのボタンをタップ

SNSでシェア・ご購読できます。